miyazaki_chair
 
 

宮崎椅子

ワンダーウッドの選択



isuzukuri-1.jpg

他に誰もできない椅子 

真似のできない椅子づくり

1969年創業。宮崎椅子製作所は、椅子と成果を実践する一本の木であることをめざす、木の椅子づくり専門家のメーカー製です。 
家具設計者の村澤一晃と小泉誠を中心に、猪田+ Svejeほか幾人かのデザイナーとのワークショップ方式のデザイン開発に
取り組んでいます。  最近のプロジェクトで特徴的なのは、ノックダウンチャーやスタッキングゲームの開発に積極的だと思います。機能性や利便性ととった値を椅子にそんなことに同時に、こうした取り組みの中からさざざしてチャレンジやアイデアが生まれ、新しい方向性を見つけだせるように手ごたえを感じています。 
めざすのは、「他社に真実のない椅子づくり」です。

1969年に設立された宮崎チェアファクトリーは、チョウの実を結ぶ樹木を目指すチェア製造の専門家です。ムラサワ一族と小泉真子を主な家具デザイナーとすることで、Inoda + Svejeや他のデザイナーとワークショップスタイルで共同して新しいデザインを開発しています。 

最近のプロジェクトの特徴は、「ノックダウンチェア」と「スタッキングチェア」を開発することに非常に熱心であるということです。このチェアは、機能的にも便利にもなると同時に、チャレンジやアイデアを流すことができます。それが新しい方向へ私たちを導いたときの効果。私たちの目標は、他に誰も模倣できない椅子を作ることです。Fuorisalone Milan 2014では、私たちの努力の成果として新しいシリーズの椅子を展示します。


kidori-1.jpg

木の変換

木取り

多品種・多樹種・小
ロットで作る多種多様な素材や小ロットで作られています

私たちの工場では十分に乾燥させた多種の木材をストッキングし、木取りから一貫した自社生産で細かいことにモノづくりに取り組んでいます。必要なものを、必要なときは、必要な分だけ。生産体制で、きたての木の椅子をお届けします.50アイテムを超えるそれぞの製品について、ナラ、メールル、ウォールナット、ブラックチェリーなど6〜8種類の樹種を用意。使用人の好み、空間のデザインに合せた椅子がお選びいただけます。

私たちの工場では、一貫して繊細な社内生産で完全に乾燥したさまざまな木材を保管し、カットしています。必要な量の必要な時に必要な材料:新しく作られた木製の椅子を受注生産システムに提供します。オーク材、カエデ、クルミ、ブラックチェリーなどの6〜8種類の木材が50以上のアイテムに用意されています。あなたの趣味やデザインに合った椅子を選ぶことができます。


kijikakou-1.jpg

ウッドワーク

木地加工

精密な
手作業と精密なマインン加工優れた手芸と精密機械の仕事

なにつづくのか。つくり出す先に目を向けることが、品質、責任、つくる喜びの源になります。そのうええ、最適なつくり方を探求することが技術の役目です。昔ながらのツールも使い道があり、正確さや合理性を採り入れ、いずれも手の延長にある道具としては使いこなし、モノづくりに活かしたいと考えています。矛盾を乗り越え、できなかったことができるようになる。そのための技術を探る現場は、挑戦の継続です。

私たちが作り出すものに焦点を当てることは、良質で責任あるものになり、製造の喜びの源です。この手法は、最良の生産方法を模索することです。伝統的な切削工具を使用し続け、先進的な装置の精度と合理性を適用して、手作業で製造するツールとして活用したいと考えています。この葛藤を乗り越えずにはできなかったことを達成するために、私たちは職場でこのような技術を求め続けています。


kumitate-1.jpg

組み立て&蜜蝋の仕上げ

組立・蜜葉仕上げ

目と手のひらが、精度と品質を
向上させる目と手での結果と品質を向上させる

正確に加工されたパーツは手作業で組み立てて、天然成分100%の蜜蝋ワックスで仕上げます。フレームの隅々まで目と手のひらが現時点で届き、製作途中での検品が同時に行われます。

正確に加工された部品は手で組立てられ、100%天然成分の蜜蝋で仕上げられています。目と手で点検をフレーム全体で行い、製造過程で同時に検査します。


saidan-1.jpg

カッティング、縫製、室内装飾

裁断・縫製・張り

布と皮の専門職人
が、木の椅子を仕上げるファブリックと革職人が木製の椅子を仕上げる

裁断・縫製・張りは、椅子を仕上げる最後の工程。キズを避けて革を裁ち、布目を合わせて立体的に縫い、木部にフィットさせるように布張りをします。職人の細いな技が込められます。

革は傷を避けてカットされ、生地はテクスチャが合った立体形状に縫製され、生地が木製部分にフィットするように室内装飾が施されているていです。職人は繊細なテクニックをそのような仕上げ作業に注ぎます。

 

ご購入・ご相談は、お問い合わせ願います。