wonderwood_logo.png

BACK TO THE NATURE.
WONDERWOODは、木と人の在り方を考えています。何千年も前から人は木の生命力に支えられてきました。大自然も人々の生活も、たくさんの木々の驚くべき力で成り立っています。WONDERWOODは自然への原点回帰を目指します。自然が少ない都市生活に、樹齢数百年の木を入れる。家族の中心や、パフォーマンスを求められるオフィス環境に。自然とのタッチポイントを増やしていくことで、都市の中でも人間を自然に戻していく機会を増やし、一人でも多くの人を自然にお連れします。

 
FH000014.JPG
 
 

 

MISSION


 

持続可能な社会を実現する

技術や産業の発展とともに、現代⼈は数多くの”モノ”を⼿に⼊れました。しかし、”ホンモノ”よりも”ニセモノ”のほうが増えてしまい“⾃然”なものよりも”不⾃然”なものの⽅が増えてしまった結果、現代⼈は⽣き⽅を迷ったり、体調を崩したり、疲れやすくなったりしています。それと同時に、過剰な大量生産・大量消費社会は地球温暖化など世界の深刻な負の遺産を生み出してしまいました。WONDERWOODは木が持続可能な社会の実現、特に環境問題に関して大きな役割を担うと信じています。本当に必要な物は何なのか。⼀⽣使えるものは何なのか。考え尽くした本質的なモノ作りを私たちは⾏います。「ホンモノは、⼀⽣に⼀度の買い物でいい」と私たちは考えています。

 

⽇本中の職⼈技を継承し、発展させる 

⽇本の産業・社会を創ってきたのは、⽇本⼈の緻密さ・勤勉さから⽣み出される「職⼈技」だと考えています。京都の五重塔も奈良の法隆寺も、宮⼤⼯の職⼈技によって千年以上の時を⽣き続けています。急速な経済成⻑が⽣み出した代替物によって、⽇本の誇りである職⼈技があたかも必要のない様な世の中になりました。実際に1990年から20年間で⽇本の職⼈は45%減っています。⼈々の⽣活を豊かにし、⽇本を世界にとって必要不可⽋な存在にした職⼈技。「⽇本の誇りである職⼈技を失うことは、⽇本の後退である」私たちはそう考えています。WONDERWOODは⽇本の職⼈技を守り、発展させていくものづくりを、もう⼀度⾏います。 

 

分断と孤立の社会を変革する

現代日本では、3世代世帯が急激に減少しています。1990年から2015年までに一人暮 らし世帯は5.8%増え、1990年から2011年までに女性の結婚しない人数も20.8%増え ています。コンビニエンスストアの“お一人様”に向けたパッケージ・サイズのライン ナップや飲食店の“お一人様”をターゲットにした席配置など、“お一人様”に合わせた 様々なビジネスは多く出現しました。しかし、“お一人様”を減らすビジネスは、あまりにも少ないと考えています。 一人で住んでいても、誰かとの“繋がり”が存在するはずです。木で人と人を繋ぐ。木で木と人を繋ぐ。人で木と人を繋ぐ。WONDERWOODは分断と孤立の社会を変革する挑戦を続けます。 

 

 
 

TEAM

CEO / PLANNER

坂口祐貴 YUKI SAKAGUCHI

COO / DIRECTOR

東出考生 TAKAO HIGASHIDE

CREATIVE DIRECTOR / DESIGNER

平大路拓也 TAKUYA HIRAOJI

ADVISER / Sawyer

東出朝陽 Asahi higashide

日本に2人しか現存しないといわれる、手鋸で大木を挽くことを仕事とする木挽きの職人。
そんな木材のプロフェッショナルが、独自のルートで集めた豊富な木の中から依頼主のニーズやリクエスト、
WONDERWOODのこだわりなどを総合的に判断し木材の選定を行っています。